ホーム 連盟概要 チーム紹介 大会情報 加盟について 申請書類一覧 トピックス

トップページ  >  大会情報 (海外派遣試合)

2017 カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会 試合結果

 team hoshino フェイスブック  
ワールドシリーズ 優勝  ブランソン(米ミズーリ州) 8月10日
  日本はアメリカの立ち上がりを攻め、ツーアウトから岡西のツーランホームランで2点を先制。2回には1点差に迫られたが、俵藤
選手・星子選手のタイムリーなどで3点を挙げ試合を優位に進め、2回以降アメリカチームをノーヒットに抑えた。
TN TOTAL
日     本 2 3 0 0 2 0 7
USA(South East) 1 0 0 0 0 0 1
                                                  
投手 岸田−武原−伊藤 捕手 俵藤−岡元
本塁打 岡西 三塁打
二塁打 岸田、俵藤 カル・リプケンWorld Series2連覇
 
インターナショナル決勝  ブランソン(米ミズーリ州) 8月9日
 今日も先発は星子選手。立ち上がりから強打のメキシコ打線をしっかり抑え、攻撃にリズムを与えてくれました。2回には内海選手の
グランドスラムで4点、5回にも3点を追加し試合を決めた。明日はワールドシリーズ決勝となります。
TN TOTAL
メ キ シ コ 0 0 0 0 0 1 1
日     本 1 4 11 0 3 × 9
                                                  
投手 星子 捕手 岡元−俵藤
本塁打 内海 三塁打 星子
二塁打 岸田、岡西 最優秀選手賞・星子天真選手

インターナショナル準決勝  ブランソン(米ミズーリ州) 8月8日
 星子選手は素晴らしい立ち上がりを見せ、初回を三者凡退に抑えるとその裏には岸田選手のレフ前のヒットで先制。その後内海選
手、岡元選手がホームランを放ち、4回コールド勝ちとなった。
TN TOTAL
韓      国 0 0 0 0 0
日     本 5 6 0 × 11
                                                  
投手 星子−内海−伊藤 捕手 岡元−俵藤
本塁打 内海、岡元 三塁打
二塁打 山田×2,岡元,内海,星子,武原 4回コールド 最優秀選手賞・内海優太選手
 
予選リーグ  第 1戦  ブランソン(米ミズーリ州) 8月4日
 先発の星子選手は2回を4奪三振と素晴らしい立ち上がりを見せ、2回に山田選手のスリーラン等で4点を先制すると日本に勢い
は止まらず3回にも4点、さらに4回の岡西選手のツーランホーマーで4回コールド勝ちを収めました。
TN TOTAL
プエルトリコ 0 0 0 0 0
日     本 0 4 4 2X 10
                                                  
投手 星子−内海 捕手 岡元
本塁打 山田、岡西 三塁打
二塁打 星子、伊藤 4回コールド勝ち  優秀選手賞・岡西佑弥選手
     
予選リーグ  第 2戦  ブランソン(米ミズーリ州) 8月5日
 初回、先頭の海老根選手がセンター前ヒットで出塁後、星子選手のライト前ヒットで先制すると、その後も着実に追加点を奪い、試
合を優位に進めた。強打のドミニカ打線を1失点に抑え、予選リーグ2勝目となり決勝トーナメント進出を果たした。
TN TOTAL
ドミニカ共和国 0 0 0 0 1 0 1
日    本 2 1 2 2 0 × 7
                                                  
投手 星子−武原−伊藤 捕手 岡元
本塁打 三塁打
二塁打 岡元×2、山田 最優秀選手賞・星子天真選手
    
予選リーグ  第 3戦  ブランソン(米ミズーリ州) 8月6日
 岸田選手のツーランなどで5点を先制すると、その後も着実に加点をし、また5人の投手リレーで相手チームを1安打に抑え勝利。
これでEグループトップになり、インターナショナル準決勝で韓国チームと対戦することになった。
TN TOTAL
日     本 5 0 0 3 2 10
ニュージーランド 0 0 0 0 0 0
                                                  
投手 岸田−武原−赤山−松藤−佐伯 捕手 俵藤
本塁打 岸田 三塁打 佐伯
二塁打 佐伯、岩崎、荒木、星子 5回コールド

           
このページの先頭へ