ホーム 連盟概要 チーム紹介 大会情報 加盟について 申請書類一覧 トピックス

トップページ  >  大会情報 (海外派遣試合)

2018 カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会 試合結果

 team hoshino フェイスブック  
ワールドシリーズ・決勝 優勝  スプリングフィールド(アメリカ)  8月12日
 初回に先発松尾がバージニア打線につかまり、2点を先制されるが、3回に清水のタイムリーで1点を返し、5回に佐々木の内野安打
と田村のフォアボールで作ったチャンスに辻がスクイズを決め同点に。続くチャンスに再び清水がタイムリーヒットを放ち試合を決めた。
勝ち投手はパーフェクトリリーフ登板となった阪が2勝目を挙げた。
TN TOTAL
日   本 0 0 1 0 4 1 6
バージニアUSA 2 0 0 0 0 0 2
                                                  
投手 松尾−阪−中塚−杉村 捕手 池口−塚原
本塁打 三塁打
二塁打 池口、清水 MVP=清水風太  
決勝トーナメント・決勝  スプリングフィールド(アメリカ)  8月11日
 勝てばワールドシリーズ3連覇に大手をかける日本、、少し硬さがみられる中、前半にはあと一本が出ずにいたが、打順が二巡目とな
る3回に先頭の小杉がヒットで出塁。その後、3番元木、4番池口のタイムリー等で3点を先制すると、先発前田が5回を1安打8奪三振
と素晴らしいピッチングを披露し、5-0で宿敵韓国に完封勝ちを収め、3年連続ワールドシリーズ決勝へ進出を果たした。
TN TOTAL
韓   国 0 0 0 0 0 0 0
日   本 0 0 3 0 2 × 5
                                                  
投手 前田−阪 捕手 池口
本塁打 三塁打 元木
二塁打 中塚、池口 MVP=前田悠伍
決勝トーナメント・準決勝  スプリングフィールド(アメリカ)  8月9日
 初回、1点先取すると2回には徳井のタイムリーツーベースなどで3点を追加し、投げては杉村・清水・佐々木がバハマ打線から12
奪三振を奪い、宿敵 韓国とのインナーナショナル決勝にコマを進めた。
TN TOTAL
バ ハ マ 0 0 0 0 0 0 0
日   本 1 3 4 0 0 × 8
                                                  
投手 杉村−清水−佐々木 捕手 池口
本塁打 三塁打
二塁打 徳井、元木 MVP=杉村颯太
予選リーグ  第 3戦  スプリングフィールド(アメリカ)  8月8日
 予選リーグ最終戦となる対韓国戦、先発中塚は変化球を交え失点を許さずの好投。3回ツーアウトからフォアボールで出塁した赤埴
が小杉の内野安打で一気にホームを駆け抜け先制。その後は阪-松尾の継投で完封勝利をおさめました。 
TN TOTAL
日   本 0 0 2 0 0 0 2
韓   国 0 0 0 0 0 0 0
                                                  
投手 中塚−阪−松尾 捕手 佐々木
本塁打 三塁打
二塁打 MVP=阪 怜我
予選リーグ  第 2戦  スプリングフィールド(アメリカ)  8月7日
 勝てば決勝トーナメント進出が決まる大事な試合、3回に元木のタイムリースリーベースヒットで2点先制。その裏に先発前田がスリ
ーランを打たれ逆転されたが、再度元木のツーベースで同点に追いつき、相手エラーや佐々木のタイムリーで一気に突き放した。 
TN TOTAL
日   本 0 0 2 0 6 0 8
ドミニカ 0 0 3 0 0 0 3
                                                  
投手 前田−阪−松尾 捕手 池口
本塁打 三塁打 元木
二塁打 元木 MVP=小杉倫太朗
予選リーグ  第 1戦  スプリングフィールド(アメリカ)  8月5日
 初回に清水のツーランホームランなどで10点を先制し、その後も徳井のホームランなどの猛攻でコールド勝ちをおさめました。
TN TOTAL
カ ナ ダ 0 0 0 0 0
日   本 10 1 9 × 20
                                                  
投手 杉村−阪−赤埴 捕手 池口−塚原
本塁打 清水、徳井 三塁打
二塁打 小杉、杉村、田村、池口、阪 4回コールド  MVP=清水風太
          
          
このページの先頭へ