ホーム 連盟概要 チーム紹介 大会情報 加盟について 申請書類一覧 トピックス

トップページ  >  大会情報 (海外派遣試合)

2014 世界少年野球大会 試合結果

予選リーグ  第 1 戦 世界少年野球大会(ハワイ)    8月10日
三日目にしてようやく試合ができ、第一試合は必勝の思いでのぞんで、1、2回に2点を先取され不安を感じたが、4回に追いつき5回には
逆転し、勝利に導いた。驚いたことに、世界大会にも関わらず審判が2名、さらに日本では完全にボークを取られるはずが、ハワイのハイス
クールルールで戸惑いを感じた。相手チームの印象はパワーが優れて脅威を感じた。守備面では日本の方が優れているように思われる。

TN TOTAL
日  本 0 0 0 2 3 0 5 10
アラメダ 1 1 0 1 0 0 0 3

投手 田浦、高清水、香水、渡辺(啓) 捕手 秋山
本塁打 三塁打 田浦
二塁打
予選リーグ  第 2 戦 世界少年野球大会(ハワイ)    8月11日
相手チームの監督から抗議がありDH及びリーエントリーの件について約50分間試合が中断。
主催者側から協議の結果6回の裏から試合再開。7回の表本多のタイムリーで1点追加。さらに村上の
走者一掃の3ベースヒット、中田のタイムリーで5得点。香水の落ち着いた投球でアメリカを0封としました。
TN TOTAL
日  本 0 0 0 0 0 1 5 6
フレズノ 0 0 0 0 0 0 0 0

投手 吉峰、香水 捕手 秋山
本塁打 三塁打 村上
二塁打 香水
予選リーグ  第 3 戦 世界少年野球大会(ハワイ)    8月11日
六回の裏の守備交代の時に、メキシコ監督より抗議があったが審判のミスで試合が約20分中断した。
TN TOTAL
日  本 0 1 2 0 2 0 2 7
メキシコ・ロホ 3 0 0 0 1 0 × 4

投手 渡邉(翔)、渡辺(啓) 捕手 秋山
本塁打 三塁打
二塁打 中山、渡邉(翔)
予選リーグ  第 4 戦 世界少年野球大会(ハワイ)    8月12日
三回の裏、先頭中山の3ベースヒット、続く渡邉(翔)の内野安打で先制し、その後田浦、中田の連打で一挙3得点。
六回に3点失うも、日本はさらに得点を重ね、ウエストオワフを突き放した。この試合で日本の決勝トーナメントの進出が確定。
TN TOTAL
ウエストオアフ 0 0 0 0 0 3 0 3
日  本 0 0 3 4 0 2 × 9

投手 吉峰、中山、正木 捕手 秋山、藤本
本塁打 三塁打 中山、秋山
二塁打
予選リーグ  第 5 戦 世界少年野球大会(ハワイ)    8月13日

TN TOTAL
オーストラリア 1 0 0 1 0 0 2
日  本 3 2 2 0 3 12

投手 正木、中山、渡邉(翔)、中田、田浦 捕手 藤本、秋山
本塁打 村上 三塁打 中田、秋山
二塁打 渡邉(翔)、香水、藤本
 決勝トーナメント 準決勝   世界少年野球大会(ハワイ)    8月14日
先発の吉峰が2回オモテ1死から死球を与える。その後1番打者に2ベースヒットを打たれ、1点を失う。3回ウラ
0死2,3塁で吉峰をリードしてきた秋山が3塁戦を破る逆転の2ベースヒットを放つ。4回以降も打線がつながり、
得点を重ね、6回の香水の走者一掃となるスリーベースヒットでコールドゲーム。     世界一まであと一つ。
TN TOTAL
イオラニ 0 1 0 0 0 0 1
日  本 0 0 2 5 1 3 11

投手 吉峰、香水 捕手 秋山
本塁打 三塁打 香水
二塁打 田浦、香水
決勝トーナメント  決勝   世界少年野球大会(ハワイ)    8月14日
1-1で迎えた4回ウラ、1死2塁から本多の2ベースヒットで勝ち越し、さらに相手のミスで1点追加。6回ウラ
には村上の3ベースヒットでさらに1点を加えた。守りでは4投手の継投でサンディエゴ打線を1点に封じた。
日本は世界大会4連覇を達成した。
TN TOTAL
サンディエゴ 0 0 1 0 0 0 0 1
日  本 0 0 1 2 0 1 × 4

投手 田浦、中山、香水、吉峰 捕手 秋山
本塁打 三塁打 村上
二塁打 田浦、本多
このページの先頭へ